トレンド投資

私が下落局面で株を買う理由

投資家たちは必死に株式を売ろうとしています。
なぜなら、株価の下落が止まらなかったからです。

また、主要な金融メディアは、投資家に次々とネガティブな見出しを掲げて、安全な投資をするように呼びかけています。
当然のことですが、安全な投資先というものはありません。

下落は一旦落ち着いたようにも見えますが、まだ油断はできないでしょう。

しかし、このような状況の中で、相場が改善する兆しが見えてきたかもしれません。
 

周りに流されてはいけない


非営利団体 AAII(アメリカ個人投資家協会)による、
「AAIIセンチメント調査」というものがあります。

これは、会員の投資家たちに「6か月後に株価は上がるかどうか?」という質問をし、
その結果をまとめたものです。

市場が今後、「強気相場(株価の継続的な上昇局面)」になるのか?
それとも「弱気相場(株価の継続的な下落局面」になるのか?
の見通しを示すものの1つと言えるでしょう。

そして、今年4月末のこのセンチメント調査では、
なんと投資家たちの59%が「弱気」、つまり「株価は下がる」と答えたのです。

これは、1年ぶりの高水準です。

その後、「弱気」な投資家の割合は低下し、およそ50%に下がりました。

しかし、これはいまだに多くの投資家が6ヶ月後の相場は下落すると考えているということで、
これまでの調査における平均値30.5%を大きく上回っています。

次のグラフは、この「弱気」な投資家が全体に占める割合の推移を表したものです。

AAⅡセンチメント調査における弱気の割合

「弱気」な投資家の割合、つまり弱気相場の見通しは、
2022年に入ってから、既に5回も50%を超えていることがわかるでしょう。

今年の値動きを見れば、これは当然のことだと思います。

まさに投資家の多くが将来を悲観している、「極端」な状況と言えます。

しかし、過去のトレンドからみると、これは利益を得るチャンスになりうるのです。
 

その見通しは正しいのか?


「投資の神様」とも言われる、ウォーレン・バフェット氏の有名な言葉があります。

「他人が恐れているときは貪欲に、他人が貪欲なときは恐れを抱け」

これは、「安く買って高く売る」逆張り戦略のことを表しています。

そして、この言葉のように、私は常に極端な悲観論、
あるいは楽観論を「逆張り」指標として見てきました。

実際、これは過去のデータから読み取れる傾向です。

2020年3月から5月までの期間の、AAIIセンチメント調査を見てみましょう。

そうすると、12回の調査のうち、6回で50%を上回り、
残り6回はいずれもおよそ42%だったことがわかります。

つまり、投資家たちは「弱気」を予想していました。

しかし、今年、株価が乱高下するまで、S&P500種株価指数は上昇し、
史上最高値を次々と更新していました。

つまり、この予想は間違っていたと言えます。

また、2018年12月27日には、
センチメント調査における「弱気」の割合は50%を超えました。

しかし、2019年6月27日までの半年間で、
S&P500種株価指数は17.5%上昇。

そして、2013年4月11日にも、
この「弱気」の割合は50%を超えていましたが、
2013年10月11日までに、
S&P500種株価指数は6.5%上昇しました。

さらに、金融危機に見舞われていた、2009 年2月から3月の期間。

「弱気」の割合は数週間50%を超えていて、
3月5日には、過去最高の70.3%を記録しています。

ところが、その6ヵ月後、市場は41.7%上昇しました。
そして、それが史上最長の強気相場の始まりとなったのです。

このように「極端」な予想が市場に現れているとき、
その予想は外れ、逆の結果になっていることがわかります。

さて、現在の話に戻りましょう。

2月24日における「弱気」の割合は53.7%で、2020年以来の高い水準でした。

確かに現在の市場を見ると下落傾向は続いています。

しかし、過去のデータを見てみると、
このまま下がり続けるとは言えないことがわかります。
 

では今、どう投資をするべきか?


弱気相場の予想が強まったとしても、悲観する必要はありません。

群集心理に惑わされてパニックに陥いらないようにしてください。

むしろ、投資家心理が極端に落ち込んだときこそ、
格安になった優良銘柄を探すときなのです。

また、過去のデータを見てみると、
現在のように悲観的な見方が増えているときは、
今後26週間のS&P500種株価指数の上昇率の中央値は約7.1%です。

そして、その後1年間の上昇率の中央値は約17.9%となっています。

つまり、悲観的な予想通りにはならないことが多々あるということです。

このように長期的な視点を持つことを忘れないでください。
そうすれば、あなたの投資も上手くいくと信じています。

ハイリターンを願って。

 

~編集部コメント~

長期的な視点を持って、投資をすることは大切です。

例えば、株価が大きく下がったからといって、
すぐに売ってしまうようなことは避けたほうがいいでしょう。

しかし、頭では分かっていても、
株価の上下は気になってしまうかもしれませんね。

そんなあなたにおすすめなのは配当投資。

「一度買ったら持っておくだけ」のこの戦略で
投資を始めてみませんか?

→こちらから

Matthew Carr(マシュー・カー)

Oxford Club チーフ・トレンド・ストラテジスト。金融業界20年の経験を持つトレンド投資の専門家。マシューの専門知識は石油・ガスや小売といった伝統的な産業から、5G、新興技術、サイバーセキュリティ、大麻といった最先端の市場まで多岐にわたる。 マシューの記事一覧 ≫

関連する記事

Back to top button