トレンド投資

自動車業界を変えるのはテスラではなく?

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行は、
世界中の経済に深刻な影響を与えました。

数か月に及ぶ感染防止措置で、経済が停滞した結果、
多くの企業が倒産し、失業者が大幅に増えることになったのです。

「巣ごもり需要」や「外出自粛」による社会の変化を目の当たりにしたことでしょう。

そして、当然のことながら、新車のような高額商品の販売数は減少しました。
なんと、世界の自動車販売台数は14%以上も下落したのです。

 

世界の自動車販売台数の推移

 

ただ、このグラフを見るだけでは、自動車メーカーにとって2020年が、いかに困難な1年であったかを理解できません。
なぜなら、2007年から2009年にかけての世界金融危機の時のデータが載っていないからです。
実は2020年は、その金融危機の時よりも販売数が落ち込んでいたのです。

しかし、このような中でも、自動車業界のある分野は活気づいていました。

その分野はなんと、過去最高の売上すら達成していたのです。

このことは、今後数年間における自動車業界の真の可能性を示しています。

 

不況の中、過去最高の売上を達成できた理由


ちなみにこれは「中古車」の話ではありません。

コロナ禍で公共交通機関を避ける人が増えたこと、
そして車の需要が拡大し、世界的な半導体不足で自動車各社が減産したことで、
中古車市場も売上を伸ばしました。

今回、お話しするのは「電気自動車(EV)」です。

2020年の世界EV販売台数は、41%と大きく伸び、新記録を達成しました。

先ほども触れたように、2020年の世界自動車販売台数は、14%以上も下落しました。
同様に、2020年の上半期の世界のEV販売台数も、前年と比較して15%落ち込んでいました。
しかし、下半期に一気に販売台数が伸びたのです。

そして、最も衝撃的だったことは、昨年欧州が中国を抜いて世界最大のEV市場になったことでしょう。
中国は国策としてEVをはじめとした、新エネルギー車の普及を促進し、世界最大のEV市場とまで言われていました。

ではなぜ、欧州はそんな中国を追い抜くことができたのでしょうか?

その理由の1つは、欧州連合(EU)による新たな取り組みです。

EUは2020年に、乗用車の新しいCO2(二酸化炭素)排出基準を、1キロメートルあたり95グラムに制限しました。

ちなみに、EUが最初にCO2の規制を始めたのは2008年です。
それ以来、規制が強化されるたびに、EVの販売台数は増加してきました。

さて、2020年上半期には、世界のEV販売台数は2019年と比べて15%落ち込みましたが、
このCO2の規制によって、欧州ではなんと55%伸びていたのです。
そして、感染防止措置が緩和されると、さらに販売が加速され、2020年の年末には、欧州のEV販売台数は倍以上になりました。

つまり、道路を走る車の10台に1台は、EVになった計算です。
そして、2021年になると、それは7台に1台の割合にまで増えました。

2022年のEV販売台数はさらに増加するでしょう。

2030年までに、EVは新車販売台数全体の27%を占めると予想されています。
それは、これから1兆3,000億ドルを超える市場になる可能性があるということです。

こう聞くと、「自動車業界がこれからどんどん伸びていく」という結論なのかと思われるかもしれません。
確かにEVという分野はこれからも成長していくでしょう。

しかし、テスラ (Nasdaq: TSLA) 、フォード・モーター (NYSE: F) そして、ゼネラル・モーターズ (NYSE: GM) のような自動車メーカーのことは、いったん忘れてください。

この分野の「真の勝者」は、他にいます。

 

変化する素材


現在、一般的な自動車にはおよそ1,400個の半導体チップが搭載されています。

エアバッグや窓ガラス、燃料噴射やナビゲーションまで、あらゆる装置を制御する現代の自動車にとって、それは重要で欠かせない部品です。
私たちが普段乗る自動車は、半導体チップがなければ動かないのです。

そして、自動車産業での半導体チップ需要は非常に活発で、
この市場は2025年までに61%近く成長して635億ドルになると予測されています。

 

世界の自動車市場の半導体チップ需要の推移予測(2021年作成)

 

しかし、大きな変化が起こりつつあります。

その変化は、EV市場を長年悩ませてきた「ある問題」を解決するために生まれました。

その問題とは、航続距離です。

EVはガソリン車と比べて、1回の補給(充電)で走れる距離が短いのです。
そのため、各社は航続距離をいかに伸ばすかについて知恵を絞ってきました。
そして、辿り着いた答えの1つが、半導体の組成だったのです。

過去50年間、半導体はシリコンで作られてきました。
それを変えようというのです。

最初に動いたのは、これまでもEV分野で革新を起こしてきたテスラです。
テスラは、EVメーカーとしては初めて、半導体チップの素材をシリコンから炭化ケイ素(SiC)に変更しました。

先ほども触れましたが、半導体チップはシリコンとカーボンでできています。
少し高価ですが、EVに必要なパワーエレクトロニクス(電力を駆動力に変換する仕組み)としての効率は高いです。
そして、そこにシリコンではなく、SiCチップを使うと次の効果が得られます。

  • 充電時間の短縮
  • モーターを駆動するための電力ロスの減少

そして特に2つ目の、電力ロスの減少によって、EVの航続距離が5%から10%伸びるのです。

テスラのCEOであるイーロン・マスクは、
「SiCチップが同社のEVの主な長所である」
とすら言っています。

そして、現在トヨタ自動車 (NYSE: TM) は、この流れに追随してSiCチップに変更しています。

このようにして、2025年までにEVに使われる半導体の少なくとも30%がSiCチップになると予測されています。

事実、今後のEVの基盤となるゼネラル・モーターズのアルティアムEVバッテリープラットフォーム(リチウムイオン電池パック)は、SiCチップを採用しています。

さて、このように、現在のEVの革新は半導体の革新によるものです。

もちろん、フォード、ゼネラル・モーターズ、テスラやトヨタのような自動車メーカーは、今後も多くの注目を浴びることになるでしょう。
しかし、メーカーや車種に関係なく、1台の車が生産される過程で1,000個以上の半導体を必要とします。

つまり、このEV分野の成長で「真の勝者」となるのは、
自動車メーカーではなく、半導体メーカーなのです。

 

例えば、ツー・シックス (Nasdaq: IIVI) 、ラムリサーチ (Nasdaq: LRCX) 、ウルフスピード (NYSE: WOLF)といった半導体企業が挙げられます。

EV分野の成長によって、盛り上がるであろう半導体分野。
その動向をこれからも追っていきましょう。

ハイリターンを願って。

マシュー

~編集部コメント~

ある分野の成長によって真に伸びるのはどの産業なのか?

これを知っていれば、投資にも大いに役立つことでしょう。

ただ、それを知るためにはあらゆる市場を理解し、頻繁にニュースに触れ、それを分析する必要があります。

しかしあなたは、仕事で忙しくその時間がないかもしれません。

そんなあなたにおすすめなのが「配当投資」です。

配当投資の最大の特徴は
「一度買ったらほったらかし」でいいこと。

買った銘柄をそのまま持っていることで配当をもらい、資産形成を目指す投資戦略。

そんな配当投資におすすめの銘柄を

こちらで紹介しています。

Matthew Carr(マシュー・カー)

Oxford Club チーフ・トレンド・ストラテジスト。金融業界20年の経験を持つトレンド投資の専門家。マシューの専門知識は石油・ガスや小売といった伝統的な産業から、5G、新興技術、サイバーセキュリティ、大麻といった最先端の市場まで多岐にわたる。 マシューの記事一覧 ≫

関連する記事

Back to top button