お客様サポート

ご購読者の皆さまからよくお問い合わせいただくご質問を掲載しています。
該当のご質問をクリックすると回答が表示されます。

 

Oxfordニュースレターについて

各ニュースレターは誰でも申し込めるんですか?

はい。どなたでもお申し込みいただけます。
ただし、投資にはリスクがあるということと、証券会社によってはご年齢やその他の理由により口座開設ができない可能性があるということにはご注意ください。

生涯プランはどのようなプランですか?

Oxford インカム・レター、Oxford キャピタル・レターの各コースの料金に加え、
初年度に39,800円(税別)お支払いいただくことで
2年目以降の年間更新料がお得になるプランです。

生涯プランに申し込むことでどんなメリットがありますか?

生涯プランにお申込みいただくことで、3つのメリットがあります。

  • 返金保証期間が通常ご注文日から30日間のところ、60日間と長くなるので、あなたにフィットするかどうかじっくり考えることができます。
  • 2年目以降にお支払いいただく年間更新料が9,800円(税抜)から1,000円(税抜)と安くなるので、長く購読すればするほどお得になります。
  • 生涯プランの特別レポート「月次配当が得られる究極のポートフォリオ」もセットで手に入れることができます。

詳細についてはカスタマーサポートまでお問い合わせください。

各ニュースレターはどのように届きますか?

その月のニュースレターが完成次第、メールにてお知らせいたします。
各ニュースレターは商品提供サイト上でご覧いただけます。

ニュースレターを書面で送ってくれませんか?

郵送物としての発行はありませんが、出来上がり次第すぐに商品提供サイトでご覧いただけます。

PDF形式でお届けしているので、ご自身でプリントアウトしていただき、紙面でもお読みいただくこともできます。
お好きな方をお選びください。

過去に発行をした各ニュースレターは見れますか?

ご購読後は、過去全てのバックナンバーをご覧いただけます。

資産形成ピラミッドとは何ですか?

保守的な投資から積極的な投資まで、様々な投資戦略を組み合わせることで、資産を最大化させることを目的とした概念です。Oxford クラブではこの資産形成ピラミッド(ポートフォリオ) をベースに戦略を立てていきます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

Oxford インカム・ レターについて

どのような順番で、Oxford インカム・ レターを読み始めるのが良いのでしょうか?

以下の順番でご覧いただければ、まだ米国株を、投資をしたことがなくてもカンタンに取り組んでいただけるようになっています。

ステップ1:米国株配当投資入門
ステップ2:1ページアクションプラン
ステップ3:Oxford インカム・レター(+その他特典)

Oxford インカム・ レターの配信日はいつですか?

Oxford インカム・ レターの配信日は毎月25日前後を予定しております。
(月によって多少前後する場合があります。ご了承ください)

10-11-12システムとは何ですか?

Oxford Clubチーフ・ストラテジスト「マーク・リクテンフェルド」が考案した「Oxford Club の銘柄選定のコンセプト」です。

「10年以内に配当利回り11% に成長することが期待できる戦略」と、
「配当の再投資による株数の増加と株価の成長で、10年間平均で12%複利での成長を期待できる戦略」という2つの戦略を合わせたのが、「10-11-12システム」です。

詳しくはこちらをご覧ください。

10-11戦略とは何ですか?

「10-11戦略」とは、配当により収入を得ることを目的とした「10年以内に利回り11%を期待できる銘柄を選定」する戦略です。Oxford インカム・レターの「短期インカム・ポートフォリオ」で推奨されている銘柄がこれにあたります。

詳しくはこちらをご覧ください。

10-12戦略とは何ですか?

「10-12戦略」とは、配当の再投資により資産を複利成長させることを目的とした「10年平均で配当利回り含め12%複利での成長を期待できる銘柄を選定」する戦略です。Oxfordインカム・レターの「複利成長インカム・ポートフォリオ」で推奨されている銘柄がこれにあたります。

詳しくはこちらをご覧ください

インカムレターで紹介された銘柄はどういう理由で「売り」になるのですか?

トレーリングストップ(TS)となったからです。
Oxford インカム・レターは配当収入を狙っていく戦略です。
当出版物で「売り」となるケースは主に2つあります。

  1. 配当が停止した時、もしくは減配した時
  2. (短期インカム・ポートフォリオまたは高配当重点・ポートフォリオの場合)25%のトレーリングストップ価格を株価が下回った場合

この2つが売りとなるケースです。
※ただし、例外はあります。
例外の一部として、マークさんが配当を出していても業績が伸び悩んでいると判断した場合、または長期間に渡って減配していないが、今後も増配する見込みがないものを売却するなどといった場合があります。

 

Oxford キャピタル・ レターについて

Oxford インカム・ レターとOxford キャピタル・ レターの大きな違いはなんですか?

それぞれのタイトルが示す通り、インカムレターはインカムゲイン(配当)、キャピタルレターはキャピタルゲイン(売却益)によって資産を作っていくというアプローチの違いです。もちろんインカムレターで紹介している銘柄でも値上がりが期待できるものはありますし、キャピタルレターの銘柄の中でも配当金が期待できたり、それを再投資し複利効果を狙っているものもあります。ですが、それぞれの銘柄選定プロセスにおいて重視する優先順位が違っています。
 
例えばキャピタルレターでは、ハイテク企業やバイオテクノロジー企業など、大きな株価成長が期待できる銘柄を選定しています。このような急成長企業の場合、シェアを拡大するために、手元の現金を気にしつつ売上成長を目指しますし、投資家からも利益ではなく売上の成長を期待されます。そういった場合、当然配当は出にくくなります。下手に利益を残して配当で投資家に還元するくらいなら、それを市場拡大のために投資して株価を上げた方が株主の利益に貢献できるからです。
 
一方インカムレターでは、配当や配当の成長が期待できる銘柄を選定しています。例えばある程度まとまった投資が落ち着き、利益を伸ばしていくフェーズの企業であれば比較的安定した高配当が期待できます。利益を伸ばすには当然売上成長も必要ですが、インカムレターが狙うのはそれに伴う「配当成長」です。
 
インカムゲインとキャピタルゲイン。どちらも資産形成における王道ですので、組み合わせて資産形成に取り組んでいただくことをお勧めしています。

マークさんはよく知ってますが、アレックスさんはどんな人ですか?

アレックスはマークの先輩にあたります。
米国Oxfordクラブに入ったのはアレックスが2001年、マークが2007年。金融業界の経験も10年ほどアレックスの方が長いです。米国Oxfordクラブでは1989年から現在のOxfordキャピタル・レターの前身に当たるニュースレターを発行しており、アレックスがエディターを引き継いだのが2001年でした。以降20年以上、アレックスは毎月Oxfordキャピタル・レターを執筆し続けています。インカムレターはその後、配当専門のニュースレターとして2007年に創刊されました。
 
アレックスは1985年に金融業界のキャリアをウォール街でスタートしました。15年ほど働き十分成功を収めていたのですが、自分で勧めた銘柄を購入してもらうことで顧客から報酬を得るスタイルに違和感を覚え、銘柄の分析・投資戦略のコンテンツ執筆など本当に顧客のためになることに集中したいと考えていました。その時、タイミングよくOxfordクラブから声がかかり、Oxfordクラブの「顔」として参画することになりました。
 
アレックスのベースにある哲学は「世界は良くなり続けている」ということです。お気に入りの書籍は「21世紀の啓蒙 スィーブン・ピンカー」。以下に著者によるプレゼンテーション(TED)も公開されています。
 
そしてアレックスさんは、世界を良くする中心にいるのが優れた企業であり起業家。それを支えるのが「投資家」だという考え方を持っています。起業家と投資家のタッグをくみ、世の中を変えていくということですね。そして実際に、その通りになっています。彼の推奨銘柄のパフォーマンスに彼の考え方の正しさがあらわれています。そのため彼の執筆するOxfordキャピタル・レターは世界中で人気で、定期購読している読者の数は世界中で17万人を超えています(2021.4現在)。

アレックスさんはどうやって(グロース成長株)銘柄選定しているのですか?

詳細は企業秘密です(笑)
ですがいくつかの特徴をお伝えしておきます。まず、アレックスは非常に多読で、毎朝2時間〜2時間半ほどの読書をすることから仕事を始めます。新聞やネットのニュース。決算資料やその企業の役員のコメントなどもチェックします。ウォール街の他のアナリストのリサーチを読んだり聞いたりすることはありません。アレックス曰く、それらは「汚染されている」からです。また、例えば「テンバガー」銘柄を発掘するときには大きく以下の7つの条件に当てはまるかをチェックしています。
 
  1. 革新的企業である
  2. 大幅な売上成長をしている
  3. 利益を保護する仕組みがあある(商標や特許、ブランドなど)
  4. 市場の予測を上回る業績を達成すると予想される
  5. 小型株から中型株の規模
  6. あまり有名でない
  7. その企業の内部関係者(インサイダー)による株式保有比率が高い
 
全ての条件に当てはまらないと推奨しないわけではありませんが、このような複数の要素を組み合わせて銘柄を選定しています。

Oxford インカム・レター(インカムゲイン)はやめて、Oxford キャピタル・ レター(キャピタルゲイン狙い)だけにしようかとおもっています。どう思いますか?

インカムゲインもキャピタルゲインも、どちらも組み合わせて投資に取り組まれることをお勧めします。特に長期の資産形成においては、たとえば株価が下がる時は複利効果が期待できやすい(同じ資金で多くの「株数」を増やすことができる)ですし、株価が上がるときはキャピタルゲインを得やすいという特徴があるからです。とはいえ、最終的にはご自身での判断となります。ただ、保守的なポートフォリオを資産形成のベースに置き、その上に積極的な投資を積み上げていくという資産形成ピラミッド™️の原則は忘れないようにしていただきたいです。

Oxford インカム・レターを持ってるのでOxford キャピタル・レターは買わなくていいですよね?Oxford インカム・レターで配当をうけとっていて満足してるので、Oxford キャピタル・レターは必要ないですよね?

はい。一つ上のご質問へのご回答のとおり、購入を強制するものでは当然ございません。
Oxford インカム・レターをご愛読、ご活用いただき、ありがとうございます。

Oxford キャピタル・レターの最低必要な資金はいくらですか?

数万円程度、あるいは数千円からはじめていただくことができます。
 
「数万円、数十万円で投資なんて意味がない」とおっしゃる方もおられますが、私たちはそうは思いません。理由はいくつもあります。1つ目は、小額でもいいから始めることで、投資のスキルや知識が身につくからです。いくらサーフィンの本を読んでも海に入らない限り上手くはならないのと同じで、いくら投資の本を読んでも、実際に投資しない限り上手くはなりません。1円も投資していないのと、数万円でもいいから投資しているというのは全く違うことです。2つ目は、小額の資金を増やせない人は、大金を運用しても増やせないからです。もしあなたが10万円を12万円に増やせないなら、1000万円を1200万円に増やすことは難しいかもしれませんし、もし1000万円手にしてから投資を学ぼうとした時も、結局、まずは数万円数十万円を投資してみよう、ということになります。
 
そのほかにも、早く始めた方が有利である(投資は時間を味方につければつけるほどリスクが下がる)。米国株の場合は1株単位から始められる(キャピタル・レターで紹介するような銘柄は数十ドル、数百ドル。数千円〜数万円の株がほとんどですし、日本株のような「100株単位で買わなければいけない」という単元株制度がないため始めやすい)。など、早く始めるメリットは多いと考えています。
 
小額で投資するデメリットがあるとすると、投資資金に対して証券会社の売買手数料率が高くなる可能性があるということです。証券会社によっては例えば「2.22ドル超~4444.45ドル未満の場合の手数料=約定代金の0.495%。4444.45ドル以上=22ドル」といったように、手数料の上限が決められているところがあります。この場合、例えば1万ドルの取引であれば手数料は22ドルとなり、手数料率は0.22%となりますが、1000ドルの取引の場合は0.495%となります(4.95ドル)。
 
 
なお、キャピタル・レターのテンバガー・ポートフォリオは、株価10倍を狙うものです。もし1銘柄に10万円を投資して10倍になればそれは100万円となり、そこで売却すれば90万円の売却益となります(税・手数料考慮せず)。5倍でも50万円、2倍でも20万円ですので、リスクをしっかりコントロールしながら取り組んでいただければ幸いです。

Oxford インカム・ レターを解約した経験があります、Oxford キャピタル・ レターを買ってもいいですか?

はい。ぜひ試してみてください。
そしてまた、インカムレターの方にも戻ってきていただければ嬉しいです(お待ちしています(^^))

3つのポートフォリオがありますが、どれから取り掛かったらいいですか?(迷います)

もし富のベースとなる保守的ポートフォリオ(コア・ポートフォリオ)がないのでしたら、まずはそちらから取り組んでいただくことをお勧めしています。例えばアクティブ・ポートフォリオは、ブルーチップと呼ばれるような米国の優良企業の中でも成長が期待できるものをアレックスがチョイスしていますので、そちらから始めていただく。あるいはより保守的にいくなら、バケーション・ポートフォリオに投資されるのも良いでしょう。バケーション・ポートフォリオは10銘柄全てに投資することで全体のバランスを取るようになっています。詳細は5月号創刊特別号の解説及び、動画解説をご覧ください。
 
インカムレターの10-12戦略(複利成長インカムポートフォリオ)やご自身がご自分で投資されているETF、投資信託などで、コア・ポートフォリオがすでにあるということでしたら、テンバガー・ポートフォリオで大きな株価成長を狙っても良いですね。

3つの戦略(ポートフォリオ)がありますが、資産の配分はどのくらいの割合にしたらいいですか?

このご質問への「正解」は一つではなく、投資家それぞれによります(ですが後ほど目安はお伝えします)。
その理由は、資産配分の目安は、投資の目的やゴール、資金額、投資知識や経験、年齢や性格、価値観、投資対象先、売買に費やす時間などによって異なってくるからです。
 
投資家は一様ではなく、より積極的なスタンスを取り、頻繁に売買したいという方もいれば、お金のことなんてできれば日々の生活の中で考えたくない、という方もいます。
 
また、Oxford インカム・レターやその他の金融商品(投資信託など)、キャピタル・レターとは違うポートフォリオに投資されている場合は、それも考慮する必要があります。
 
したがって、以下にご案内する配分はあくまでも目安として捉え、参考にしてください。説明のために、全ての投資資金をOxfordキャピタル・レターのポートフォリオだけに投資をすることを前提に置いたうえでのご案内内容としています。
 
 
配分資金300万円の場合の目安
 
保守的スタンス
・テンバガー 50万円
・アクティブ 50万円
・バケーション 200万円
 
中間スタンス
・テンバガー 100万円
・アクティブ 100万円
・バケーション 100万円
 
積極的スタンス
・テンバガー 100万円
・アクティブ 200万円
・バケーション 0
 
 
配分資金1000万円の場合の目安
 
保守的スタンス
・テンバガー 200万円
・アクティブ 300万円
・バケーション 500万円
 
中間的スタンス
・テンバガー 300万円
・アクティブ 400万円
・バケーション 300万円
 
積極的スタンス
・テンバガー 350万円
・アクティブ 650万円
・バケーション 0

ベースのポートフォリオが築けていませんが、積極的な位置づけのポートフォリオもチャレンジしてもいいですか?

別の質問にも回答したとおり、原則としては保守的なベースのポートフォリオから作っていただきたいと考えています。ですが当然、強制するものではありませんし、ご自身の投資の勉強や興味のため。あるいはその企業を投資家として純粋に応援したいという理由で、イノベーション企業(積極的投資に入る企業)にまずチャレンジしたいということもあるでしょう。全ての最終的な判断は、ご自身の責任で行ってください。

Oxford インカム・ レターで25銘柄に投資しています。
それ以上に分散投資する意味はあるのですか?

インカムレターの投資は配当狙いの意味合いが強いです。ですので「投資戦略」の分散という観点で、キャピタルゲイン狙いの銘柄に分散させるという意味があります。インカムレターの銘柄はそのままにして、キャピタルレターの銘柄に追加投資するという方法でも良いですし、そうすると投資先が多くなりすぎて管理しきれないという場合は、いくつかを売却してその資金をキャピタルの銘柄に振り分けるという方法でも良いでしょう。

Oxford インカム・ レターと併せて、どのくらい分散投資したらいいのでしょうか。

こちらも、別のご質問への回答の通り、「正解」は一つではなく、投資家それぞれによります。
すでにインカム・レターの内容をご参考に、資産形成ピラミッド:トレードマーク:のコア・ポートフォリオを作られているということであれば、例えば、キャピタル・レターのテンバガー銘柄に少し資金を振り分ける(新たに買い足す場合はテンバガー銘柄)ことで、積極的投資の部分を厚くしていくと、組み合わせとして有効なケースが多いと考えます。

“Xデー”アラート、“サイクル”アラートを購入しています。
オプションもやっています、Oxford インカム・ レターに積極的投資があるようですが、併せてやってみてもいいですか?
その際の、資産配分はどのくらいですか?

はい。投資への着眼点が異なり、組み合わせることで、分析手法・投資テーマの分散がはかられることから、基本的には組み合わせて投資されることをお勧めしています。キャピタル・レターの積極的投資と、アラートサービスの積極的投資の最大の違いは、売却するまでの期間(=投資期間)です。現在のところ、アラートサービスにおける一銘柄あたりの平均推奨期間はおよそ3ヶ月程度です。一方、テンバガー・ポートフォリオの平均保有期間はおよそ1年9ヶ月程度となっています。
 
どちらも売却時に売却益としてのキャッシュ獲得を狙っていく戦略ですが、キャッシュ化されるまでの平均的な所用期間が異なりますので、「短期キャピタルゲイン狙い」「長期キャピタルゲイン狙い」の2つの戦略の違いをご理解いただいた上で、組み合わせることで、高い効果を狙って頂くと良いと考えます。
 
(※上記は日本での推奨銘柄だけでなく、米国における同様のサービスにおける推奨も含めた目安の期間で、アラートサービスに関しては、現物株と株式オプションの両方を合わせた平均値をお示ししています。あくまで過去実績であって、今後の推奨銘柄に関する保有期間をお約束するものではありません。)
 
資産配分の目安としては、ご活用されているアラートサービスの数や保守的ポートフォリオの厚みに加えて、投資の目的やゴール、資金額、投資知識や経験、年齢や性格、価値観、投資対象先、売買に費やす時間など考慮したうえで決定されることをお勧めいたしますが、4%ルールは順守していただくと良いと考えます。
 
また、アラートサービス1銘柄の現物株に投資する資金と同程度の資金をテンバガー・ポートフォリオに投資される、例えば“Xデー”アラートの現物株に10万円投資する場合、テンバガー・ポートフォリオの1銘柄の投資は10万円程度とすると、資金管理や売却時の意思決定を容易にすることに寄与すると考えます。

Oxford キャピタル・ レターの配信日はいつですか?

Oxford キャピタル・ レターの配信日は毎月15日前後を予定しております。
(月によって多少前後する場合があります。ご了承ください)

 

お申込みについて

申し込み後、申込み確認メールが届きません。

各ニュースレターのご注文確認メールはご注文確定後、約30分~1時間後に届きます。
約30分~1時間後に届かない場合は、メールボックスの「迷惑フォルダ」もご確認ください。

下記のメールアドレスから送信されますので、受信拒否になっている場合、解除していただきますようお願いいたします。

  • oxfordincomeletter@orders.oxfordclub.com
  • oxfordclub@p.oxfordclubjapan.com
  • support@apj.media

また、携帯のメールアドレスをご登録された場合は、受信拒否設定になっている可能性がありますので受信ができる設定にしてください。

「迷惑フォルダ」にもメールがない場合は、メールアドレスの登録が誤っている可能性がございますので、
カスタマー・サポートまでご連絡ください。

支払方法について教えてください。

お支払いはクレジットカードのみです。 ご利用いただけるクレジットカードのブランドは、以下の通りです。

  • AMEX
  • VISA
  • MASTER

※上記ブランドのデビットカード、プリペイド式クレジットカード不可

銀行振込で申し込めますか?

申し訳ございません。
お支払いはクレジットカードのみとなり、銀行振込でのお支払いはできません。

デビットカードは使えますか?

デビットカードはご利用いただけません。

登録情報を変更したいです。

下記に関するご変更は、
カスタマー・サポートまでご連絡ください。

  • ご住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 自動引き落としの請求先情報

 

返金保証・解約手続きについて

返金保証はいつまでですか?

各ニュースレターの返金保証期間はお申し込み日を起算として30日間です。
各ニュースレターの生涯プランにお申込みをされた方の返金保証期間はお申し込み日を起算として60日間です。

ご解約・ご返金を希望される場合は、カスタマー・サポートまでご連絡ください。

解約したいです。

解約手続きをご希望の際は下記をご記載のうえ、カスタマーサポートまでご連絡ください。

  • 問合せフォームもしくはメール本文に「解約希望」とご記入
  • お名前(フルネーム)
  • オーダーID(ご注文確認メールに記載があります)
  • ご返金はご注文時にご利用のクレジットカード会社を通じて返金手続きをいたします。

 

投資に関するご質問

実際に銘柄に投資するには、自分で金融機関など(証券会社)に発注するのでしょうか?

はい、ご自身で証券口座をご用意いただき、そこから発注していただきます。

米国株がオンラインで取引できる証券会社は楽天証券、SBI証券、マネックス証券、DMM証券、サクソバンク証券などがございます。(特定の証券会社を推奨しているものではありません。)
詳しい注文方法に関しては、証券会社のホームページなどにも情報が掲載されていますので、そちらをご参照くださいませ。

まとめた内容についてはこちらのページをご覧ください。

これまで株式投資を全くやったことがなくてもできますか?

もちろん、できます。

Oxford インカム・レターをご購読の方には、「米国株配当投資入門」という投資初心者のための動画コンテンツをご提供しております。

Oxford インカム・レターで紹介している配当投資戦略は、10年以上の長期保有に分類される「ゆったり」とした投資スタイルです。毎日チャートを見て売って買ってを繰り返すようなものではありませんので、投資初心者でも取り組みやすいものになっています。

Oxford キャピタル・レターをご購読の方には、「スタートアップガイド」という投資初心者のための動画コンテンツをご提供しております。

資金はいくらあれば投資できますか?

米国株は最低取引単価が100株単位の日本株と異なり、1株から投資することができます。

1株1000円の株であれば、1000円から始めることができます。
(別途証券会社の手数料は必要となります。)

Oxford インカム・レターで紹介されている銘柄の中には5000円以下の銘柄がたくさんあるので、数千円から複数の銘柄に投資をすることができます。

銘柄を絞り、まとめて購入したほうがいいのですか?

将来設計や投資プランとご予算によります。

お申し込み後の商品提供サイトでは、
「資産の何割を投資に回せば良いか」など 具体的なルールが書かれています。

決めた銘柄を毎月買い足していく方がいいのですか?

お申し込み後の商品提供サイトでは、
「資産の何割を投資に回せば良いか」など 具体的なルールが書かれています。

配当金だけで生活できるようになるには、どのくらいの期間投資をしたらよいのですか?

いつまでにいくらお金を増やしたいかなど、
具体的な目標を決められたうえで、ニュースレターをご参照ください。

お申し込み後の商品提供サイトには、
「資産の何割を投資に回せば良いか」など 具体的なルールが書かれています。


※各ニュースレターに関しては、
お客様の投資におけるいかなる利益も保証するものではなく、
また、投資の結果によってお客様が思わぬ損害を被る可能性もあるため、
投資を行われる際には、ご自身で投資のリスクを慎重に検討されうえでご購読、お取引をお願いしております。

給料の何割ぐらい投資したらよいですか?

将来設計によって変わります。
お申し込み後の商品提供サイトではその設計方法やルールを解説しています。

推奨している株が動いた場合、メールで知らせてくれますか?

大変恐れ入りますが、
メールで株の動向をお知らせするサービスは現在ございません。

投資について基本的な事はわかりません。Oxfordクラブは詳細な問い合わせに対応してくれますか?

はい!なんでも聞いてください!
・・・と、言いたいところですが、私たちのビジネスは「金融商品取引法」によって、やっていいこといけないことが厳しく決められています。
 
例えば個別の資産運用相談(この銘柄とこの銘柄はどちらがおすすめですか?資金がこれくらいあるのですがどのように割り振れば良いですか?)などは、別途該当する「投資助言サービス」を締結しなければお答えできないことになっています。また証券口座の開設等に関わることについてもサポートすることは禁止されています。
 
ですので、ご質問頂くことはありがたいのですが、頂いた質問全てにお答えすることができない可能性がありますのでご了承ください。また、質問の内容によっては回答までに時間を要する可能性があります。

カスタマーサポートに投資の質問をしたいです。

大変申し訳ございません。
弊社でご提供している商品は、投資に関する出版物でございますので、
投資のタイミングや個別アドバイスなどのご相談は、投資に関する助言行為となり、法律で禁止されているため、カスタマーサポートでは承れません。

投資助言サービスに関しまして、現在開発中ですので楽しみにお待ちください。

 

米国株について

米国株の売買は、どこの証券会社でできるのでしょうか?

こちらのページに、「米国株取り扱い証券会社(5社)」をまとめました。

詳細はこちらのページをご覧ください。

米国株と日本株は何が違うのでしょうか?

こちらのページに、「米国株と日本株の違い」をまとめました。

詳細はこちらのページをご覧ください。

米国株には、どのようなリスクがありますか?

こちらのページに、「米国株の売買に伴うリスク」をまとめました。

詳細はこちらのページをご覧ください。

 

カスタマーサポートについて

カスタマーサポートへ問い合わせ後、返信がありません。

誠に申し訳ございません。

サポートスタッフが、1件1件親切丁寧を心がけ、順番にご返答しております。
大変恐れいりますが、今しばらくお待ちください。
回答は3営業日~5営業日以内に返信しておりますので何卒ご了承ください。

※メールボックスの「迷惑フォルダ」もご確認ください。

カスタマーサポートの営業時間を教えてください。

[営業日]月曜日~金曜日(土日祝除く)
[営業時間]午前10時~午後4時

メールでの受付は24時間行っておりますので、
下記フォームまたはsupport@apj.mediaまでご連絡ください。

 

その他

APJの商品をアフィリエイトで紹介したいのですが。

ありがとうございます。

弊社の商品のいくつかはA8.netに登録してあるためそちらからアフィリエイト紹介することができます。

ただし、クローズド案件となっていますので、ご希望の場合はA8.netのメディアIDをカスタマーサポートまでご連絡ください。

 

その他のお問い合わせ

お問い合わせは、下のフォームに必要事項をご入力のうえ、カスタマー・サポートにお問い合わせくださいませ。

電話番号:06-4705-7201
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた社会的責任の観点から在宅勤務(テレワーク)を実施しており、お電話での対応が出来かねる場合がございます。
メールフォームでのお問い合わせにご協力をお願いいたします。

※営業時間 平日:10:00-16:00(受付は24時間承ります)
※土日祝日・年末年始・夏季休業中のお問合せは翌営業日以降のご返信となります。
※お問合せの内容により、返信までにお時間をいただく場合があります。
※投資に関するご相談などのお問合せは対応できかねますのでご了承ください。

 


    以下の内容にご同意の上、送信してください。

    Back to top button